断水・停電

2010年8月 9日

週明け、朝から断水に見舞われた。停電は頻繁で、最近はジェネレーターの挙動もあやしいが、水さえ出れば何とかなる、と思っていたところ、その水まで出なくなった。幸いシャワーは済ませていたが(なんだか水の出が悪いなと思っていた)、まず洗濯機がエラー停止し、続いて他の蛇口の水も次々に出なくなった。どうやら週末の大雨で屋上の給水タンクに異常が発生し、水の供給が止まってしまったようだ。

あいにくベアラーはマリーに帰省中。代わりにコックが頑張って、点検と修理に来てもらい、2時間くらい後にやっと水が出るようになり、午後に修理が完了した。水が出ない間もいつも通り停電にもなるものだから、いろいろ落ち着かない。清掃人は水が出ないから掃除できないといって途中で帰ってしまった。いつも床をモップで水拭きしていて、なぜ掃除機を使わないのかと思ったら、掃除機は故障中なんだそうだ。ついでに洗濯機も調子が悪く、ここのところ水漏れに悩まされる。

とりあえず給水タンクが直ったところで、夕飯の買い出しに出かける。今日は火鍋に初挑戦してみようということで、海老とラム肉を探しにいった。シーフードはやはりF7区画のラナ・マーケットが新鮮と人々が言うので、まずはそちらへ。運転手は昨夜ラーワルピンディに迎えに来てくれた人(毛髪が多いのでモジャと呼ぶ)で、「ラナ・マーケットは新・旧2つあるが、どっち?」と聞く。

モジャによると、旧ラナは魚屋があるほうで、新ラナはジンナー・マーケットの西の並びで飛び地のようになったエリアを指すようだ。それが本当かどうかはともかく、旧ラナで海老(Prawn)とレディーフィッシュ(Ladyfish)を購入。レディーフィッシュはコックに頼まれたもので、日本語でいうとカライワシという魚だが、キスのように小型で淡白な味わい、開いて天ぷらにするんだそうだ。中くらいの大きさの海老とレディーフィッシュ各10匹で350ルピーだから、わりと安い。

ついでに新ラナにも立ち寄ってみる。旧ラナと同じくらいの小さなマーケットで、レストランやカフェ、雑貨店など、全体的にこぎれいな店が集まっている。

新?ラナ・マーケット

グルメ・ベーカリー(Gourmet Bakery)は広い店内にパンやケーキなど美味しそうな商品が並んでいる。バターブレッドやミルクブレッドが評判だそうだが、ショーケースに並んだ種類豊富なクッキーが目を惹いた。2階にはアッパー・デッキ(Upper Deck)という外国人や裕福な現地人に人気のレストランで、とくにシーフードの評価が高いようだ。

Gourmet BakeryとUpper Deck

次はコサール・マーケットの肉屋(Qureshi Fresh Frozen Foods)へ。売っているのはほとんど冷凍の肉(またはそれを解凍したもの)と魚なのに、Freshと店名につくのは不思議だが、同様の名前の店も多い。残念ながらラムはなく、大きなマトンの足やリブはあったが、いつ解凍したものかわからないし、火鍋用にスライスするのは難しそうなので、やめておいた。

Qureshi Fresh Frozen Foods

代わりに隣の輸入食品店Esajeeで買ったのが、チキンソーセージ。ハム・ソーセージ類はもちろん豚肉を使ったものはないため、チキンかビーフかターキーで、味はいまひとつ。紙パックの豆腐が400ルピー以上もしたのに激しく驚いたが(もちろん買わなかった)、このソーセージは所詮チキンだし、そんなに高いはずがないと思って値段を聞かずにレジに持って行ったところ、700ルピーもした。さらに驚いたものの、今さらやめますというのも格好悪いのでそのまま買った。Khazanというクウェートの製品のようだが、定価はどれくらいなんだろうか。

チキンソーセージ

スーパーマーケットに移動して野菜も買って(他のマーケットでは白ネギを売ってなかったため)、火鍋が完成。日本から持参した無印の火鍋キット(ゴマだれも付いていて秀逸)を使い、赤唐辛子2種と青唐辛子をたくさん入れ、生姜で風味付けをした。今の時期、白菜は売っていないのでホウレン草とレタスで代用。コサール・マーケットで売っている中国木綿豆腐(1切れ15ルピーと格安。風味は良くないが、濃い味付けの料理ならこれで十分)に焼き目をつけて焼き豆腐をつくった。

火鍋

いろいろ代用ではあるが、イスラマで火鍋が食べられるなんてねー、と楽しくつついていたら、またもや停電。ジェネレーターも動かなくて、完全に闇に包まれてしまった。これがほんとの闇鍋だ、と悠長に構えていたら、なかなか復旧しない。たしかどこかにディナーキャンドルが・・・とそろそろと2階へ上がり手さぐりで探し出し、ロマンチックにキャンドルの灯りで再び鍋をつついているうちに(ホットプレートなので微妙に冷めている)、またコックが頑張ってくれて、ジェネレーターが動いた。

しかし、断水に停電、老朽化したジェネレーターや電化製品、おそろしく低い衛生観念・清潔水準など、日本にいたときとはずいぶんギャップのある生活を送っている。ここで高度文明的な生活ができるようになる日は、いつかくるのだろうか・・・(油田でも発見されて国が飛躍的に潤わない限り、たぶん無理だろうが)。